日本人向けに最適化したタイ&マレーシア・ジョージアの卵子・精子提供・着床前診断・代理出産などの治療プログラムをご案内
サイトトップへ戻る
⇒ 運営会社について
⇒ メディア関係者専用お問い合せ
⇒最新情報はメルマガ登録で!
お問合わせ・見積もり
資料請求・フォーム一覧

03-4226-3656(IPフォーン)
横須賀まで

スカイプで相談 LINEで相談 Facebookを見る
サイト内検索
検索
ヘルプ Powered by msearch
 
■フリーメール(Yahoo!メール、ホットメール、Gメールなど)や携帯メールをお使いの方へ

■弊社がメディアに紹介されたものを紹介します。詳しくはこちらのページをご参照下さい。

■ジョージア(グルジア)の代理出産プログラムはこちらのページをご参照下さい。
メルマガ登録をしておくとタイ+周辺国の卵子提供やジョージア(グルジア)代理出産の最新情報を得ることができます。

サイトトップへ

タイのART(高度生殖補助医療)
卵子提供・精子提供・着床前遺伝子診断CGH

2017年4月30日
スーペリアART
生殖補助医療専門クリニック
スーペリアART

情報更新日: 2016年9月29日

⇒ 卵子・精子提供及び代理出産に関する個別相談会開催のお知らせ


・ 自己卵子+着床前診断(CGH)プログラム ・ 2泊3日カウンセリング・プログラム
・ 日本人卵子提供による体外受精(IVF) ・ 日本人精子提供による体外受精(IVF)
・ 日本人卵子提供による着床前遺伝子診断(CGH) ・ 日本人精子提供による着床前遺伝子診断(CGH)
・ 在タイ日本人向け治療サポート・サービス ・ その他のプログラムはお問い合せください。

よくある質問と回答

→ パソコン用お問い合わせフォーム → 携帯電話用お問い合わせフォーム
→ 見積もり依頼フォーム → 資料請求フォーム
→ 仮予約お申し込みフォーム → 卵子ドナー情報閲覧申請フォーム
→ よくある質問と回答 → お申し込みからタイ渡航までの流れ
→ 卵子提供者の体験談 → 精子提供者の体験談
→ 運営会社と会社代表について → 参考動画

日本で悩む必要はありません。

一生のうち、夫婦が何らかの不妊経験をする確率は六分の一です。妊娠を望んでいるのに一年以内に妊娠しない、35歳以上の女性で半年以内に妊娠しない、人工受精を何度か試みたが妊娠しない、何回か流産をした等。IVFワールドワイドでは不妊問題のそれぞれのステップにおいてサポートいたします。

サービスについて

IVF/ICSI
体外胚細胞質内精子注入法

TESE/PESA
精巣内精子採取術、経皮的精巣上体精子吸引術

着床前遺伝子診断FISH法染色体検査法)
染色体を特殊な染料で染色して染色体の数や異常の有無を調べる検査法でX.Y.13.18.21番の4つの染色体を検査します。(PGD-FISH)

着床前遺伝子診断CGH法(比較ゲノム交配法)
初期胚の全染色体の不均衡を検出する検査法(PGD-CGH)


着床前遺伝子診断(PGD)とは?

正常なIVF周期での胚の成長段階において胚培養士の視覚観測に基づき、どの胚を子宮に移植するかを一つあるいは複数選択します。 着床前遺伝子診断(PGD)によって得た胚の詳細な遺伝子検査結果に基づいて、明らかに異常遺伝子を含んでいる胚を除去し選別します。

例えば、もしもベータサラセミア保因者同士が妊娠した場合、25%の確率で子供がベータサラセミアを発症し、50%はベータサラセミア保因者に、25%は影響を受けない確率になります。

着床前遺伝子診断(PGD)による体外受精によって複数の胚を生産し、影響を受けていないあるいは保因である胚を選択することが可能です。

着床前遺伝子診断のメリット

41歳以上になると、たとえ、グレードのよい胚が得られても8割近くは染色体異常があるということがわかっています。

・体外受精後の流産率を約半分に減らすことができる。
・体外受精の妊娠率を上昇させることができる場合がある。
・一定の条件下で体外受精反復不成功例の妊娠を期待できる。
・体外受精後の多胎妊娠率を減らすことができる。
・習慣流産を予防することができる。
などのさまざまなメリットがあります。

適応者は以下の通りです:

  • 不妊に悩む夫婦
  • 夫婦いずれかに遺伝性疾患がある場合
  • 夫婦二人とも遺伝性疾患の保因者である場合
  • 何度も流産を繰り返している夫婦

最先端の設備と技術を用意しています。

I胚盤胞の培養と移植: 5日目胚盤胞移植において私達は世界のリーダーです。子宮に移植する前に胚をもう少し長く成長させることによって、最も成長に適した胚を選別しやすくなります。これにより体外受精による成功率が上がりました。胚盤胞移植はIVFの世界標準です。

04

5日目に胚盤胞の生体検査を着床前遺伝子診断(PGD)の為に行い、通常結果は移植するように当日中に分かります。胚が遺伝子的に異常はないか検査して妊娠を最大限可能なものにします。

着床前遺伝子診断(PGD)、異数性、均衡型転座、単一遺伝子病、HLA適合の為の 着床前遺伝子診断(PGD)も行っています。初期段階で多くの異常を発見し、妊娠の妨げになるような他の遺伝因子を排除します。

06

胚の凍結保存では、IVF(体外受精治療)で残った明らかに健康な胚を凍結保存します。胚の凍結保存で一度の刺激周期で何度も受胎を試みることが可能です。ただし全ての胚が凍結保存に適している訳ではありません。


着床前診断による遺伝性疾患スクリーニング


資料請求 より詳しい内容の資料をご希望の方へメールまたはFAXでお送りします。

ご相談はE-Mail: またはお電話でも可能です。
SkyPhone番号:0880-1941-2985 SkyPhone通話をするには、お互いがSkyPhoneをご利用頂く必要があります。スマートフォンは無料です。
03-4226-3656(IPフォーン) お電話でのご相談は日本時間12:00〜24:00の間で担当の「横須賀」までお願いします。
【 お願い 】インターネット回線を使ったIPフォーン( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。

ページトップに戻る


本サイトには医学・医療に関する情報が含まれています。情報の内容には注意を払い、適宜更新するように心がけてはいますが、利用に関しては「情報利用における自己責任原則」を守って下さい。⇒ 弊社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)


無断使用禁止
Copyright c 2010-2016
Thailand IVF Support Center All rights reserved. 

powers by J Web Creation Co., Ltd