お申し込みから渡航までの流れ

卵子提供を受けての自己移植プログラムの一例(タイの場合)

仮予約は遅くても2~3ヶ月前までにお願いします。なお、個々の事情によりこの流れと同じにならない場合もあります。

一人で悩む必要はありません。些細なことでもご相談下さい。

1. 依頼者との情報交換(Eメール、電話、スカイプ
弊社提供のプログラムがお客様の希望に沿ったものであるか、また、 健康状態や様々な条件など事前にメールや電話あるいはスカイプなどを通して確認します。費用や不安な点があれば、どんなことでもご相談ください。
日本からのタイへの電話での問い合わせは050-3134-3722(IPフォーン) お問い合わせ時間は日本時間で12:00~24:00の間でお願いします。

2. 仮予約とスケジュール調整
遅くても3ヶ月前までに仮予約いただき、治療日を決定します。これに合わせて渡タイのスケジュールを調整します。 渡タイ日に生理が来ることが重要ですので、低容量ピルを服用して生理周期の調整をお願いします。(ピルは自己手配でもタイから郵送でも可能です。)
卵子提供を受けての体外受精を希望される方は卵子ドナーも事前に決定しておくことをお勧めします。

3. タイへ渡航(1回目)
タイのスワナプーム空港までお客様をお迎えに参ります。
到着日に生理が来ていれば翌日に医療機関にお客様をお連れして、採血やカウンセリング、エコー診断を行います。 
卵子提供者(エッグドナー)との面談も可能です。

4. 検査とカウンセリング後に、正式な契約となります。
治療内容とプログラムの内容が決まりますので、契約と精算をお願いします。 (精算は円の現金で行いますが、為替変動の影響を受けます。)

5.ホルモン服用スケジュールを作成してお渡しします。
日本に帰国後、どのように薬剤を服用回数や頻度を書いたスケジュール表をあなたに合わせてお作りしてお渡しいたします。

6. タイ渡航(2回目)
生理日にあわせて組まれた日程に合わせて渡タイしていただき、到着日の翌日に医療機関にお連れして医師の検診を行います。その結果で採卵日や移植日が確定されます。

7.移植後2~3日後に日本へ帰国できます。
帰国後は医師に指示された薬剤の服用や投与を忘れずに行ってください。

8. 日本での妊娠判定・妊娠期・出産
約10日後に簡易妊娠検査をしていただき、妊娠反応が出た場合は出産をする予定の病院やクリニックで再検査を行っていただきます。
妊娠が確定したら、後は定期的に医療機関の担当医に診察を受けてください。

スケジュール変更と取り消しについて

・ 渡航日や治療日などの変更は可能ですが、治療予定日の3週間前までに連絡して下さい。可能な限り対応しますが、予約先医療機関が空いていない場合はご希望に添えない場合もありますことを予めご了承ください。

・ キャンセルは治療予定日の2週間前までに連絡して下さい。(1年以内の再予約可能です。)

「詳しい情報を見る」...

精算・支払いについて

1. 申込金を除く残金を現金(円)を持ち込んで一括で支払う。

2. 申込金を除く残金を国際送金(円建て)で支払う。

3. 検査費用などをクレジットカード※で支払い、それ以外は現金で支払う。

「詳しい情報を見る」...

宿泊先について

タイ・バンコクの手配宿泊先

カンタリーハウス・ラムカムヘン

カンボジア・シェムリアップの手配宿泊先

アンコール・ホリディ・ホテル

「詳しい情報を見る」...

このページを読んで理解できない事はありませんか?
LINE無料通話またはLINEチャット
SkyPhone番号:0880-1941-2985 SkyPhone通話
完全無料で通話できますが、一般電話と違い事前にスマホにSkyPhoneをインストールしてご利用頂く必要があります。スマートフォンは無料でインストールできます。
03-4226-3656(IPフォーン) IP電話
お電話でのご相談は日本時間12:00~24:00の間で「横須賀」までお願いします。
【 お願い 】電話番号の050-3134-3722はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。