ジョージア人卵子提供+着床前遺伝子診断(NGS)+自己移植プログラム
2回渡航・航空券自己手配プラン)

プログラム料金:24,725 米ドル(272万円前後)
1米ドル=110円での円料金
治療条件:このプログラムを利用するための目安として奥様の年齢が45歳までの方とさせていただきます。 
プログラムにかかる、全ての費用を含めた想定金額です。
サポート契約内容や治療内容、滞在期間そして為替レートによって支払う円料金が変動します。

お申し込み、ご予約は遅くても渡航予定時期の2ヶ月前までにお願い致します。

 2018年8月13日更新

費用項目

米ドル 円(1$=110として)
1 サポート費用 ※1 8,000
2 ジョージア人卵子ドナーの謝礼や関連費用 4,030
3 精子冷凍及び保管費用1年間保管 ※3 315
4 依頼者の検査費用 ※3 580
5 卵子ドナー排卵誘発剤関連の薬剤費用 ※4 1,300 追加費用が発生の可能性あり
6 OPU(採卵)ICSI(顕微授精)※5 3,000
7 着床前遺伝子診断(NGS)※6 5,000
8 胚冷凍保存(5個まで)※7 650
9 冷凍胚溶解移植費用 1,250 移植ごとに必要
10 2回目渡航前後と胚盤胞移植後に使用する追加薬剤費用 600 妊娠後約10週間

3~10計

12,695

①+②+③ 計

24,725± 2,719,750円 ±
依頼者の宿泊費用は別途必要です。(スタンダードタイプのお部屋で約11万円前後)

※1  サポート費用に含まれるサポート内容:

  • メールまたはLINE通話またはIP電話でのサポート
  • 卵子ドナー情報の提供
  • 往復空港送迎費用
  • ホテルとクリニック間の送迎サービス
  • カンボジア同行サポート
  • 医師とのカウンセリング立ち会い通訳
  • タイとカンボジアの連絡用携帯電話貸与
  • 卵子ドナーの卵巣刺激治療同行サポート
  • 卵子ドナー採卵時の同行サポート
  • 依頼者(レシピアント)の移植時同行サポート

 

※含まれない費用:

  • 依頼者の日本とタイの往復航空券やタイとカンボジアの航空券
  • 依頼者の宿泊費用
  • 依頼者のカンボジア入国時のビザ費用(30米ドル/人)

 

※2:フルブライダルチェック費用検査費用や薬剤費用は表記の金額より多少増減が出る場合があります。)

※3:検査費用は表記の金額より多少増減が出る場合があります。

※4:採卵プロセスの過程で状況により採卵ができないと医師が判断した場合でも薬剤費用は返金されません。

※5:卵巣刺激注射開始から移植までは90日以内が条件となっています。90日以降の移植となった場合は1,400米ドルの費用が発生します。

※6:着床前遺伝子診断(NGS)は染色体全数(99%以上の精度)を調べます。PGS-FISHより異常胚の見つかる精度が上がる分、最終的に残る正常胚が少なくなる傾向があります。

※7:8個以上冷凍保存できる胚盤胞がある場合の費用は60$×個数となります。

着床前遺伝子診断(NGS)の精度とリスク:

・受精卵が正常型の染色体をもつと診断できる確率は97%程度ですが、性別は100%判明します。

・診断精度がどんなに上昇しても誤診の可能性はゼロではありません。

・染色体異常以外が原因の流産もあるため、着床前検査を受けても流産の確率は10%程度残ります。

・染色体異常児が生まれる確率は、着床前診断を受けない場合に比べて1/30以下になるが、染色体異常児が生まれる確立はゼロにはなりません。

・着床前遺伝子診断した際にすべての胚が異常胚である可能性がゼロではありません。この場合は再度卵子ドナーを選んで頂き再スタートまたは、キャンセルとなりますが、再スタートする場合は謝礼と採卵関連の費用が再度発生いたします。

支払方法: 

  1. 卵子ドナー決定後に事前検査費用580米ドル(65,550円前後)を指定口座にお振り込みいただきます。検査後にキャンセルされた場合でも返金はできません。
  2. 本予約お申し込み後に申込金として1,500米ドル(165,000円前後)を指定口座に入金していただきます。
    申込金入金後にキャンセルされた場合は期間に応じて弊社手数料を差し引いて返金可能です。

・申し込み後1ヶ月以内のキャンセルの返金は申込金の50%です。

・申し込み後1ヶ月~2ヶ月以内のキャンセルの返金は申込金の30%です。

・申し込み後2ヶ月以降のキャンセルの申込金の返金はありません。

 

  1. プログラム料金から申込金を差し引いた残金は渡航後に契約内容確認後に精算させていただきます。

確認事項:(考えられるリスク)

  • 卵子ドナーが採卵に向けたプロセス中に医師の判斷で中止となった場合は日本人卵子ドナーの場合は再紹介致しますが、渡航費用などは別途費用がかかります。

(採卵できなかった卵子ドナーの帰国のための航空券相当分と謝礼10万円の支払い義務が生じます。)

  • 卵子ドナーが採卵後に体調不良になった場合の治療・入院費用は依頼者に負担していただきます。
  • 着床前診断は受精卵8個がワンセットになった料金となっていますので、8個以上採卵できた場合でも8個のみ着床前診断を行います。8個以上着床前診断を希望される場合は一個あたり450米ドルの費用が発生いたします。

 

初回の胚移植で着床しなかった場合:

  • 3個以上の受精卵が確保できた場合は再移植のできますが、再移植時期が3ヶ月を超えた場合は1,400ドルの費用がかかります。
  • 再移植する凍結胚がなくなった場合は再治療パッケージ(別途見積り)をご利用いただけます。

治療する医療機関と治療の流れ

治療プログラムの流れ

プレステップ(日本で準備)

・ご主人の精子検査を1年以上していない場合は検査をして下さい。
・仮予約後に卵子ドナーを指名していただき、卵子ドナーの意思確認をします。

・今後の国際送金のために楽天銀行の口座開設をして下さい。

・卵子ドナーの意思確認ができましたら、卵子ドナーの事前検査費用580米ドルを送金して下さい。
・卵子ドナーに問題がない事が判明しましたら、本予約をお願いします。
・申込金として1,500米ドル相当の円を日本の指定口座にお振り込み下さい。

ステップ1(ジョージアに渡航)2泊3日

・ご夫婦で渡航していただきます。サポート費用と治療費用の精算をします。
・クリニックで担当医のカウンセリングを受けてから精子採取とエコー検査(血液検査は必要に応じて)をします。

ステップ2:(卵子ドナーの日程を決定)

・卵子ドナーの生理周期に合わせて卵巣刺激剤の注射を開始します。
・卵子ドナーから採卵して、凍結している精子を使って顕微授精(ICSI)をしてから培養します。

・凍結胚を確保します。

ステップ3:(奥様のみ渡航して14泊15日滞在です。)

・ジョージアのトビリシに渡航して検査をします。

・内膜が移植可能な状態となってから、凍結胚を溶解して依頼者に移植します。
・移植後は日本に戻り、妊娠判定をお待ち下さい。(移植後10日以降に簡易検査⇒医療機関で検査)
・妊娠判定が陰性の場合は次の生理周期を待ってトビリシに渡航して再移植します。

 

このページを読んで理解できない事はありませんか?
LINE無料通話またはLINEチャット
SkyPhone番号:0880-1941-2985 SkyPhone通話
完全無料で通話できますが、一般電話と違い事前にスマホにSkyPhoneをインストールしてご利用頂く必要があります。スマートフォンは無料でインストールできます。
03-4226-3656(IPフォーン) IP電話
お電話でのご相談は日本時間12:00~24:00の間で「横須賀」までお願いします。
【 お願い 】電話番号の050-3134-3722はインターネット回線を使ったIP電話( 3分で約9円程度)の為に回線状態によって声が聞こえなかったり、すぐ切れたりするなど繋がりにくい場合もありますので、予めご了承ください。また深夜や早朝の電話もご遠慮いただけると幸いです。